上の言う事を聞く事が道徳なのか?

今でも道徳教育等が必要だというが、私には道徳を養おうとしている様には見えない。教師や会社の上司など上の立場の人が「黙って俺の言う事を聞いて従え」と言っているだけのものにしか見えないのだ。

黙って上の言う事を聞いて従う事が道徳かもしれないが、そうじゃなかったとしたら道徳とは何なのかを考える。

 

 

まず道徳は他人と付き合い始めてから生まれた価値観である。そもそも自分一人が生きていくだけなら道徳は必要ない。国家にせよ、組織にせよ、社会にせよ、人が集まるのは生き残る為であり、危機からの防衛の為である。

 

 

その為、道徳はその集団が生きる為に生まれたものであり、

集団で生きる為に必要な共存共栄、

その集団が生き残る為に必要な自主防衛、

危機に立ち向かう為に必要な一致団結、

これらが道徳の本来の基本なのではないだろうか?

 

 

共存共栄は集団の中に混ざって生きる為である。

集団の中では上下関係とか、優劣とか、強弱とか、支配とかは、外見的にはあるが共存共栄としては大事ではない。一人一人が己の意志を持った独立自尊が必要であり、他人に対しても平等に自由を尊重する寛容さも必要である。

 

 

防衛は個人だけでは無く、社会、組織、国家としても自分で守る必要がある。他者に守ってもらう状態になると、自分を活かすも殺すも他者の心次第になる。

しかし我々が生きるか死ぬかは他者では無く自分で決めるものであり、そうする為には自主防衛するしかない。

 

では何から守る必要があるのか?自分達の在り方を破壊する可能性のある者である。

それには自分達がどうありたいのかを明確にしておく必要がある。なぜなら何を守ったらいいのか、なぜこれに注意しなければならないのが分からなくなるからである。

 

 

一致団結は集団が危機に立ち向かう為であり、集団を守る為にその集団の一人一人が持つ必要がある。危機に対して防衛しなければならないのに、権力争いとか、政権の取り合いとか、個人が争い合ったり価値観が混沌としたら、それは最終的に自滅する可能性があるからだ。

 

 

共存共栄、自主防衛、一致団結、この3つが道徳の基本であると考えている。

 

私の考え方は可笑しいかもしれない。「黙って上の言う事を聞いてればいいんだよ」と言う人もいるだろう。しかし、それでは集団の中で生きていると言うよりも生かされているのではと思うし、そうすっぱりと従っていられないのが人間ではないだろうか?